■BCP策定企業登録支援(セミナー講演、策定業務) ■消防・防犯・弱電設備の設計、施工、法定点検 

防災設備工事
中小企業庁様式と策定原理・策定手法で作るBCP登録セミナー
「中小企業庁ミラサポ専門家派遣 登録専門家」 杉江 和昭

非常ベル
不審者対策

消火器
火災対策

CD・HD貸金庫
データの保管
発電機
電力の確保

普通救命講習修了証
人命救助

 
 

企業防災事業
(BCP事前対策)







 

中小企業庁ホームページ 
BCP策定企業登録画面

 防火対象物点検

防火対象物定期点検報告制度とは?
平成13年9月に発生した新宿区歌舞伎町ビル火災等を受け、消防法が大幅に改正され、新しく設けられ
た制度です。
一定の防火対象物の管理について権原を有する者は、防火対象物点検資格者に防火管理上必要な業務
などについて点検させ、その結果を消防長又は消防署長に報告することが新たに義務付けられました。
(年1回の点検義務です)
消防設備点検とは異なりますので、対象となる建物は両方の点検・報告が必要となります。
 ■ 点検項目

点検資格者は、消防法令に定められている項目を点検します。(下記に示す項目はその一部です。)

防火管理者を選任しているか。
消火・通報・避難訓練を実施しているか。
避難階段に避難の障害となる物が置かれていないか。
防火戸の閉鎖に障害となる物が置かれていないか。
カーテン等の防炎対象品に防炎性能を有する旨の表示が義務付けられているか。
消防法令の基準による消防用設備等が設置されているか。


 ■ 点検報告を必要とする防火対象物とは?   (点検報告の義務のある防火対象物・報告期間)

特定防火対象物 (表1) のピンク色に該当する用途で、下記の条件に該当する建物は点検・報告が必要となります。






 ■ 点検済表示制度

点検を行った防火対象物が基準に適合していると、点検済証を表示することができます。
消防法令を遵守していることを情報提供するものです。

 防火基準点検済証
 防火・防災基準点検済証
 
 
防火対象物点検の結果、点検基準に適合している建物に表示できます。 
防災管理点検の対象となる建築物等で防火対象物点検の対象でもあるものは、両方の点検を同時に行い、それぞれの点検基準に適合している場合に、この表示ができます。 

 ■ 点検報告の特例制度と表示

 防火優良認定証
 防火・防災優良認定済証
(H24.6.1から適用)
 
 
防火対象物定期点検報告が必要な建物で、3年間消防法令違反等がない場合、消防機関(に申請し)検査を経て特例認定を受けることができます。
認定されれば当該点検及び報告が3年間免除されます。また、防火優良認定証を表示することができます。
防火対象物点検報告の特例及び防災管理点検報告の特例の認定を同時に受けた場合には、防火・防災優良認定証を表示することができます。


防火対象物点検のことで気になることなどございましたら、些細なことでもお気軽にご相談下さい。
お客様のご要望に応じて迅速・柔軟に対応いたしております。

プライバシーポリシーお問い合わせ

株式会社杉江防災   滋賀県大津市小野164番地1   TEL 077-594-3004(代)   FAX 077-594-3069
Copyright (C)2006 Sugie Bousai Co.,Ltd. All Rights Reserved.