■BCP策定企業登録支援(セミナー講演、策定業務) ■消防・防犯・弱電設備の設計、施工、法定点検 

防災設備工事
中小企業庁様式と策定原理・策定手法で作るBCP登録セミナー
〈講 師〉 「ミラサポ」登録専門家(中小企業庁 専門家派遣事業) 杉江 和昭

非常ベル
不審者対策

消火器
火災対策

CD・HD貸金庫
データの保管
発電機
電力の確保

普通救命講習修了証
人命救助

 
 

企業防災事業
(BCP事前対策)







 

中小企業庁ホームページ 
BCP策定企業登録画面
 消防設備点検

消防設備点検とは?

消防設備等の点検・報告は防火対象物関係者の義務です。
消防用設備等を設置することが消防法で義務づけられている防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)
は、その設置された消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長または消防署長に報告する義務が
あります。
消防用設備等は、特殊なものであり、消防用設備等についての知識、技能のない者が点検を行っても、不備
欠陥が指摘できないばかりか、かえって消防用設備等の機能を損うことも考えられます。
そこで、防火対象物の規模や消防用設備等の内容により、火災発生時に人命危険の高い特定防火対象物等
でその規模が大きい対象物については、消防設備士 又は 消防設備点検資格者に、その他の規模の小さい 
防火対象物については、防火管理者に点検を行わせることとされています。
消防用設備等はいついかなる場合に火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければならないので、
日頃の維持管理が充分に行われることが必要です。
このため、消防法では消防用設備等の点検・報告ばかりではなく、整備を含め、適正な維持管理を行うことを
防火対象物の関係者に義務づけています。
また、平成3年5月1日から消防法に基づく適正な点検を行った証として、点検済票(ラベル)を消防用設備等
に貼付することとなりました。
この点検済票(ラベル)は、各都道府県に設立されている消防設備保守協会等(財団法人日本消防設備安全
センターが認めた団体)が作成し、適正な点検を行う意思及び能力のある者に交付されるものです。



点検・報告義務のある人

点検をする人

点検の内容と期間

整備







※ 『消防用設備等の種類別点検資格・点検期間』 こちらの表もご参考下さい。



消防設備点検のことで気になることなどございましたら、些細なことでもお気軽にご相談下さい。
お客様のご要望に応じて迅速・柔軟に対応いたしております。

プライバシーポリシーお問い合わせ

株式会社杉江防災   滋賀県大津市小野164番地1   TEL 077-594-3004(代)   FAX 077-594-3069
Copyright (C)2006 Sugie Bousai Co.,Ltd. All Rights Reserved.